実家が工務店で建てた注文住宅、なかなかいい感じに出来てました

私の実家が、2012年の4月に祖父母の敷地の隣に注文住宅を建てました。

その時、ハウスメーカーをリサーチしたそうですが、なにせど田舎ですので、大手のハウスメーカーが建てに来れなかったみたいです。

それに、町の顔役?の祖母のアドバイスもあり、工務店での施工になりました。

たしか、宮崎県えびの市の工務店。そちらは社長がいろいろな資格を持っていて、水道工事や電気工事など全部本人で出来るという話でした。

設計士さんも若手で、若い人のほうがかえって、後のメンテナンスまで安心して頼めるっていうくらい過疎化してまして。

ハウスメーカーで市街地に2階建てを建てるより、坪単価は高かったそうです。でも、平屋だし、田舎だから仕方ありませんね。一般的にはハウスメーカーのほうが価格が高いけど、高品質になるらしいですけどね。

両親は建築費1500万円を、退職金も使って一括で支払いました。元々計画的に貯めていましたし、歳を取ってから建てるのもありかなと思います。

都会のマンション風の狭い廊下とか、10帖の納戸とか、無理な注文もしたみたいですが、変だよって指摘してくれたり、希望を聞いてくれたりしたそうです。

リビングの天井が木の飾り天井になっていまして、そちらはなにか飾りがないと寂しいということで、サービスでやってくれたそうです。大工さんの腕を磨くことにもなるんですって。

建てた後も、配線の追加とか、やってくれるそう。というより、ここが足りなかったから、やりに行きますと言って、ちょくちょくやってくるそうです。

私が建てるのなら、ハウスメーカーか、工務店か、やっぱり悩むと思います。立地の問題も絡んできますし。でも地元で評判が良くて、アフターサービスもいいのなら、工務店もいいかなと思います。