家族のあたたかみの感じられるマイホーム作りのために工務店を選びました

2010年、注文住宅を建てました。ローンは、頭金300万、総額で3000万になりました。土地、建物込の値段です。

ハウスメーカーと工務店では、最初私たちは経験豊富、大きな会社でもあるハウスメーカーにしようと思っていました。

弟が、ハウスメーカーに勤務しているので、そちらで話を伺おうと資料を取り寄せたりしていました。

ハウスメーカーでは、あれもこれもパックになっている感じで、夫はこちらに最初意見が傾いていたのですが、でもせっかく家を建てるなら、もっと自分たちの思う通りの間取りや細かいデザインまで相談できる工務店への思いも捨てきれず、工務店も三社ほど回りました。

工務店と一口に行ってもどんな家が得意かとか、自分が建てたいと思っている土地にいい工務店があるかなど、わからないことだらけだったので、友達に聞いたり雑誌を参考にしたりして調べました。

私は小さくてもあたたかみのある、子育てをしやすい家を希望していたので、そういった家が得意な工務店さんがたくさん掲載されている「come home」という雑誌を参考にしました。

ハウスメーカーの得意な機能的な家と、工務店の得意な個人の思いを形にしやすい家と、悩んだ結果工務店にしました。

依頼したのは、東京、名古屋、大阪に店舗を構え、関東から関西までの広い地域で活躍されている工務店さんです。

オリジナルの家づくりというのを掲げている工務店さんはとても多くたくさん悩んだのですが、一番の決め手は子育てをしやすい家というのを丁寧に考えてくれた工務店さんでした。

話もちゃんと聞いてくれて、壁を漆喰にしたいとか、ロフトぽい空間が欲しい、子供たちの勉強している姿がリビングからでも見えるように…など細かい要望をひとつひとつ聞いてくれて、さらにこうしたらもっと良くなるとアイデアも出してくれてとても満足しました。

もう一度家を建てることができるとするなら、また工務店にお願いしようかと思います。

ハウスメーカーも、もちろん工務店にない魅力がたくさんありましたが、やはり細かいオリジナルな部分をたくさん盛り込みたいなら工務店です。

一から一緒に家づくりをしてくれる工務店を私はおすすめします。